今回は市内3校(水沢中学校3年生、中条小学校4年生、中条中学校3年生)からご依頼をいただき、「総合的な学習の時間」の中で福祉出前講座を行いました。

体験講座では、グループに分かれ、①車椅子体験、②高齢者疑似体験、③ブラインドウォーク体験の3つを行いました。

①車椅子体験では、車椅子の基本操作、段差や傾斜時の操作の仕方について学んでもらいました。

②高齢者疑似体験では、高齢者疑似体験セットを装着し、階段の上り下りの大変さや腰が曲がった状態での歩行など、高齢に伴う体の不自由さについて学んでもらいました。

③ブラインドウォーク体験では、二人一組になり一人がタオルで目隠し、もう一人が介助する側のガイド役を行い、ガイド役の声掛けの大切さのほか、視覚障がいの方の不安さや恐怖感を体験してもらいました。

各体験を通じて、体の不自由さや日常生活を送る上での大変さなどを理解し、相手の気持ちになって考えて行動するための学習時間になりました。

今後も福祉について少しでも理解して頂けるようにこれからも活動していきます。

車椅子で段差を上る体験の一コマ         高齢者疑似体験で段差を上る一コマ

ブラインドウォーク体験の一コマ