赤い羽根共同募金では、新型コロナウイルスの影響が長期化する中で、経済状況悪化のため仕事や住まいを失った人たち 、虐待やネグレクトなどで家にいられない子どもや若者たちなど、様々な理由から居場所を失い居場所を失った人々に対する支援活動を資金面から支援し、このコロナ禍において「誰一人取り残さない leave no one behind 」社会をつくることを目的として助成を実施します。

詳しくは中央共同募金会のホームページをご覧ください。